スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆HASSELBLAD 500C/M <3>

ハッセルブラッドは中型カメラ(ブローニーサイズ)としてはコンパクトなカメラです。
1948年の最初のモデル1600F(フォーカルプレーン・シャッター)から外観が、1957年からの500シリーズでは操作方法も変わらないモデルですが、使用者側でそれなりの操作方法を会得する必要なところがあり、後発のカメラのメカニズムに対して旧態依然とした部分もあります。(500シリーズは全てレンズ・シャッター)

かの有名な立木義浩氏は、「プロは身体をカメラに合わせてゆくんだよ。プロは現有勢力でなんとかしようとする。アマチュアは文句をいう。でもアマチュアのクレームのおかげで機材の進展がある」と看破しています。
確かに…プロ用機材はコンシュマーモデルに比べてあまり進歩しません。
それはプロの場合、使いやすさよりも絶対的な性能の優位さやシステム性の確保と発展性を望み、長期間使い続けることによる弱点の克服を会得してしまっているからだと思います。従って耐久性や操作確実性の改良は望んでも、むやみな変化は求めない保守的傾向があると思います。

なんと言ってもこのモデルはHASSELBLAD 500シリーズのベストセラーモデルで、1970年から503CXにモデルチェンジする1988年まで18年間不変のモデル名でした。

HASSELBLAD 500C/Mは「M」が示す通り500Cのモデファイド(Modified)したもの、つまり改良型という意味です。外観上では変わらず、スペック上ではフォーカシング・スクリーン(焦点版)がユーザー側で交換可能になった程度しか判りませんが、年代によって内外共に細かく変わっているようです。

 


500cm-1fc2.jpg

 (500C/MにプラナーC100mm/3.5付きで、クランクタイプの巻上げに変えてあります)

 


ボディよりも外観上の変化が大きかったのはZiss製のレンズの方かもしれません。
レンズのコーティングがT☆(ティースター)と称するマルチコーディングになり、逆光時のハレーションが少しはマシになりましたが、レンズが大きくボディがタイトなために余分な光を拾いやすく、ボディの内面反射を抑えるのが難しかったと思います。従って仕事では蛇腹式のプロシェードという大型のレンズシェードは必需品です。
レンズがT☆になると同時に鏡胴は黒の塗装に変わってしまいました。

img_1591803_44967496_1.jpg

 (スタジオでのモデル撮影でよく使用するゾナーC150mm/4T☆のレンズが付いています。フィルムパックのフィルム巻き上げもクランク式に変わっています。)


◇「黄金比」と呼ばれる数学的な値は皆さんもご承知かと思いますが、これは「ギリシャの建築家や彫刻家も自分達の作品にこの比率を取り入れています。有名なギリシャの彫刻家フェイディアスも黄金比を利用しています。パルテノン神殿の各部の比率にも、黄金比は用いられています」。
黄金比は調和と関係しており、それは二つの線分の長さの理想的な比率であり、芸術や建築に適用された場合にもっとも美しい視覚的効果を生みます。縦横の比が黄金比の関係になっている長方形は、どんな長方形よりも視覚的に美しいとされています。
その値は1:1.61803398とされています。

書籍や雑誌の縦横比やB5やA4などのデザイン比率も、この黄金比(約1:1.6)に近いものです。
したがってHASSELで6×6cmの原版を撮影しても、印刷の場合、デザインやレイアウトで左右か上下がトリミングされて長方形の写真になる場合が多いのです。

darkroom-1fc2

 

darkroom-5a.jpg

↑上のノートリミングの写真ですは、右上に建物の梁やモデルの足元に敷いた光を乱反射させる為のステンレス板などが写っています。撮影時には当然、これらのものをトリミングして仕上げる事を前提に撮影しているわけです。


アスリート-5のコピー

 
(優れたハッセル使いのRobert Mapplethorpeを気取って…?)

↑『肉体の黄金比』と共に…自然界に見られる形には、どの部分をとりあげても、そこに全体の形態的特長が縮小された形で反復されるという性質があります。たとえば、シダの小さな葉を見ると、その一つ一つはシダ全体の形をなぞっていることがわかります。
自然界の創造物たる人間の肉体も、このような基本的パターン「フラクタル」をなぞっており、我々はそれを美しいと感じるのでしょう。

テーマ : 写真家の仕事
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

プロフィール

koodoo

Author:koodoo
足跡つけていってネ…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。