スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆Hawaii State Art Museum

日本が将来、米国の51番目の州となるのかどうか分かりませんが、最も新しい50番目の州として米国に侵略・併合(1898年)されたハワイの歴史と文化をかる~く写真で紹介していきます。

今回、ハワイ州立美術館(2002年11月オープン)を訪ねました。
入場無料で荷物を受付で預ける事が出来ますが、カメラは持って入れました。
建物(1点目)はコンパクトなスペイン様式の古いものですが、彫刻などの立体からコンテンポラリーな作品まで幅広く、すべてハワイで活動する作家たちのものである事が最大の特徴です。

img_1591803_27767353_0 (1)

中でも特に目を引いたのが、入口に展示されていたHerb Kawainui Kaneの1974年の油彩で「The Discovery of Hawai'i」という作品でした。

<6世紀ころポリネシア人が海を渡って入植したと考えられ、タヒチ人は高度な航海術を保有していた>

img_1591803_27767353_1 (2)    

 

4点目の絵にも感じますが、元来ハワイの信仰ては、神は山川草木やそれぞれの動物に宿り、絶対唯一神のキリスト教とは異なり、日本と同じような八百万(やおよろず)の神々であり、我々日本人には親しみやすい信仰です。ハワイの神話・伝説には、「古事記」を読むようなおもしろさがあります。

 

hotspot.gif

 

 ハワイ諸島が載る太平洋プレートは北西に向かって移動し、日本海溝などから地球の内部へ潜り込んでいる訳で、きわめて正確な電波望遠鏡の測定によれば、プレートの移動速度は1年に約6cmという。
ハワイの火山活動と島々の成り立ちもこのプレートテクトニクスによって説明できます。
地球内部から湧き出るマグマは、プレート(厚さ100km)の最下部に集まり(ホットスポット)、この”マグマ溜り”からプレートを突き破って噴火を起こします。
海底噴火による隆起、そして噴出したマグマが冷え、固まり、島々が誕生しました。
この南東へ順次島々が連なって形成された(ハワイアン・チェーン)のが、現在のハワイ諸島の姿であり、それぞれ数100万年の間隔を置いて形成されています(日本に近づいています)。

従って、現在でも「地球の熱い血液」を噴出し続けるハワイ島の活火山や、長年の侵食によるカウアイ島の険しい山系、渓谷、峰々など島毎に悠久の時間を超えた変化に富んだ景観を楽しめます。

img_1591803_27767353_2 (2)  

 

 5、6枚目の写真は館内に飾られたハワイの美しい花々と、屋上テラスにて休憩している小生の美しくない肢体の一部であります(笑)。

テーマ : ハワイ
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

koodoo

Author:koodoo
足跡つけていってネ…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。