スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆HASSELBLAD 501C/M <6>

大型ミラー「グライディング・ミラーシステム」(GMS)を搭載した501C/Mが発売されたのが1997年、このミラーシステムによって500mmレンズ以外のミラー切れが無くなった。前年に同システムを搭載した503CWが発売されているが、これから電動フィルム巻き上げワインダーの装着と専用ストロボTTLシステムを取り除いたモデルである。かざばるワインダーも専用ストロボしか使えないTTLも不要な私は501C/Mを選んだ。
尚、注意せねばならないのは「M」の付かない501CはGMSを採用していない点だ。

 

_MG_4742ta.jpg

 

_MG_4759ta.jpg

 

↑501C/M・97製(左)と500C/M・73製(右)を並べて撮ってみた。(両者には24年の隔たりがある)細部も印象もずいぶんと変わって見えると思うが、総じてコストダウンが図られている。
巻き上げクランクの質感やシャッターボタンの変化、本体左側面にあるシャッターチャージ・シグナルインジケーターが廃止され、フィルムパックのフィルムシグナルの小窓のみが残った。
HASSELBLADは本体を常にチャージ(巻き上げ)ていないと、フィルムパックもレンズも脱着出来ないシステムになっており、この二つのインジケータ小窓を目視チェックするのが習慣になっている。
三脚座金もデザインが変更され、それまで使用していたクイックシューが使えなくなった。
このモデルでは巻き上げクランクハンドルも取り外せない。
HASSELBLADもついにコストダウンの波には抗えない事になったのだろうか…。
しかし、GMSやアキュートマットD・ファインダースクリーンの採用や内面反射低減パルパス材の採用など実質的な性能向上は原型を保ったまま確実に行われている。

 

 

_MG_4736ta.jpg

 

↑明るいアキュートDスクリーンと、ゾナーCF180mm/4T☆レンズが付いている。
この組み合わせはポートレート撮影に最適な組み合わせになる。

 

 

saboten+horun-1fc2.jpg

 

 

_MG_4769ta.jpg

 

 ↑従来のゾナー150mm/4と250mm/5.6の間を埋める、新開発の180mm/4は3本の中で一番高いレンズになった。

高価なだけあって光学ガラスがみっしりと詰まっているようで重い。
35mm版に換算すればさしずめF1.8程度の85mmといったところだろうか…。
明るく透明感のあるファインダー画像とピントの山がつかみ易い、使いやすいレンズだ。


◇6回続けてきたHASSELBLADの500シリーズモデルの紹介・解説は今回で一旦終わろうと思う。

今後は撮影した写真を中心に紹介していこうかとおもいます。
HASSELにはこれ以外にフォーカルプレーン・シャッターの1600Fに端を発する2000シリーズから200シリーズがあり、特殊なテクニカル・カメラのFlexBodyやArcBodyが造られたが、私は所有も使用もした事も無い。
さらに、FUJIFILMと共同開発した645サイズのHシリーズも同様だ。

スウェーデンのVICTOR HASSELBLAD社は、現在も今後もデシタル・システムの開発に意欲的に取り組むようで2006年にはHシリーズのH3Dデジタルカメラと共に、Vシリーズ(500シリーズ)の503CWD・デジタルカメラを発表している。このCFVデジタルバックは当然だが全てのVシリーズボディで使用できる。問題はレンズのデジタル適正だが、私がCF50/4FLEでテストした結果はほぼ満足出来るものだった。 http://koodoo.blog114.fc2.com/blog-entry-15.html

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

プロフィール

koodoo

Author:koodoo
足跡つけていってネ…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。