スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆HASSELBLAD 553ELX <4>

NASA-fc2.jpg

 (↑写真:HASSELBLAD社のカタログから)

 

アポロ11号が月面着陸ミッションを行ったのが1969年、NASAはHASSELBLADの500ELからミラーなどのレフレックスファインダー系を外し、ピオゴン60mm/5.6という特殊なレンズを付けた「スペースレコーディング・カメラ」(上写真)と、NASA仕様の500ELにプラナー80mmとゾナー・スーパーアポクロマート250mmを月に送り込んだ。

この時、撮影済みのフィルムだけが地球に持ち帰られ、3台のHASSELBLADカメラは月に置き去られて来たという…さらに、(別のミッションで)船外活動中に飛行士の手を離れてHASSELBLADが一台、宇宙空間を流れていったらしい…「宇宙空間を漂うハッセル」…いかにもこのカメラのイメージにピッタリだ。

ちなみに1965年以降、約150台の500ELがNASA仕様として多種多様に改造されたという。

 



_MG_4725b.jpg

 (私の553ELXは1992年製である。プラナーCF80mm/2.8T☆が付いている)

 
ELシリーズはいわゆるモータードライブであるのだが、巻き上げ速度は遅い1.3コマ/秒である。
メーカーの技術者の話によると、「早くは出来るがそうすると静電気がフィルムに走ってしまう」という事らしい。120タイプのフィルムは紙のリーダーペーパーがあるせいのようだ。
220タイプや70mmフィルムならば問題ないのだろうか…聞き漏らしてしまった。私がこのボディを入手したのは、500ELからミラーが大型になって長焦点レンズのケラレが解消された為である。

スタジオで120mなどのレンズを使って商品撮影をしている時にファインダーの上が1/5ほどもケラレて見える事は問題がある。(ルーペを使わなければ1/10程度であり、撮影されたフィルム上でケラレは当然無い)

人物撮影などの場合はモーターによってフィルムの巻上げとミラーの復帰がされるので、ジックリと被写体に注意を集中させやすい効能もある。また、このモデルから普通の単三乾電池を使えるようになった。
従来の専用ニッカドバッテリーは高価な割りに問題が多く、ロケなどには持って行く気が起きなかった。

 

 


AnselImogen.jpg

↑巨匠A・アダムスもHASSELBLADを愛用していた。
アダムスが嬉しそうに抱えているのはプラナーC100mm/3.5レンズ付きの500ELと思われるが、彼の代表作の一枚『ハーフドームの月の出』はヨセミテ公園で500Cにゾナー250mmで撮影されている。ハッセルは月との相性が良さそうだ。

 


_MG_4722a.jpg

↑の写真で553ELXに付いているレンズはプラナーの120mmだが、CFタイプになって鏡胴デザイン変わり、レンズ開放値もf5.6からf4と一段(1EV)明るくなっている。スタジオストロボのアンブレラに反射させて暗くなったモデリングランプでピント合わせする場合、一段明るいレンズはとても助かる。



yasi-b.jpg

『椰子』(沖縄の自然)
屋久島に行ってみたい…


三脚嫌いの私が重い553ELXを持ち出す時は、ロケで長焦点レンズを使う時にレンズとのバランスと安定感を求める為だ。地方でバッテリーが切れても単三電池ならどこでも手に入る。

 


Wave-b.jpg

『1/f ゆらぎ』月の引力が地球の生体リズムをつくっている…
(コンセプチュアル・アートを気取って?…笑、1.3コマ/秒で波のリズムを撮ってみた)

 

 

_MG_4719a-fc2.jpg

  ↑HASSELBLADカメラシステムの素晴らしい点は、年代の異なるアクセサリーが全てピタリとフィットするところにある。70年代のHC-4プリズムファインダー、80年代のゾナー250mmレンズ、90年代前期の553ELXボディとレンズシェードに、90年代後期のフィルムパックが組み合わされており、使用に何の問題も無い。

 

 



砂浜+Mのコピー

 

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

プロフィール

koodoo

Author:koodoo
足跡つけていってネ…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。