スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆【続】4月6日の仙台近郊南部沿岸

前編の仙台近郊北部沿岸部に対して、南部沿岸部は救援活動の始動が少し遅れた為か、悲惨な状況が生々しく残っている。
また、現場の自衛隊・警察・消防がピリピリしており規制線も多く、それは福島県の相馬に近づくにつれて高まった。

北部三陸のリアス海岸への津波被害は一般常識として認知されているが、平坦な海岸線が続く地域でこれほどまでの被害が出るという事は、有史以来の津波災害の巨大さに改めて愕然とする。
また、平坦であるだけ津波の内陸への浸透距離が長く、"こんな所にまで"と思われる内陸にまで漁船が流されてきている。
漁業ばかりか、塩害など農業への被害も甚大だろう…。



◆仙台空港(岩沼)


_MG_1951_1_R.jpg
(滑走路から撤去され仙台空港空き地に集められた車の前で記念撮影していた米兵)

仙台空港は津波によって冠水し、滑走路を米軍と自衛隊によってC-130輸送機の離着陸に必要な1500mだけを復旧し、被災地への物資空輸の拠点とされていた。現在は滑走路を本来の3000mまで復旧され、臨時のコントロールタワーも設置され、一般の旅客機の離着陸も出来るように急ピッチで整備されつつある。


_MG_1970_R.jpg
(現在の仙台空港は、一見、米軍に占領されているように見える)


_MG_1973_R.jpg
(見慣れた建物だが…それでも急ピッチで復旧は進んでいる)


_MG_1979_R.jpg
(飛行場はきれいになり、米軍が持ち込んだ機材で管制業務が行われているようだ)



◆蒲生地区


IMG_1901_R.jpg
(飛行場に隣接する蒲生地区、奥は警察が規制線を張っているが、入口でこの状態)


IMG_1907_R.jpg
(藩制時代、伊達政宗公によって引かれた貞山運河もこの有り様)



◆亘理地区


_MG_1986_R.jpg
(なぜかタイヤが田んぼ一面に飛散している)


_MG_1998_R.jpg
(道端で吠える打ち捨てられたクマの置物…北海道旅行の記念だったのだろうか)


IMG_1923_R.jpg
(地震の後、名取川の堤防を越えた津波がこの集落をいっきに襲った)


IMG_1916_R.jpg
(見渡すかぎりの田んぼに多数の車が散らばっている)


IMG_1946_R.jpg
(貨車は流されても、線路上に残った機関車はさすがに重いようだ)



◆鳥の海漁港


IMG_1933_R.jpg
(港に面した都市公園地区で悄然と佇む、なぜか流されずに残った建物)


_MG_2006_R.jpg
(漁船二隻を受け止めた家)


_MG_2013_R.jpg
(玄関前に漁船、庭先に車の訪問となった家)


_MG_2015_R.jpg
(向こうが海)



◆山元地区


_MG_2018_R.jpg
(この地区は遺体捜索などが進行中なようで規制がある)


_MG_2026_R.jpg
(マスクと防塵メガネ着用で、規制任務にあたる自衛隊員)


IMG_1947_R.jpg
(地道な作業を黙々と続ける自衛隊員)


_MG_2024_R.jpg
(自衛隊によって拾い集められた家族アルバムなど)


_MG_2032_R.jpg
(どう見ても漁船が似つかわしくない風景)



◆相馬港


_MG_2034_R.jpg
(相馬火力発電所手前で大きく断絶した道路)


_MG_2038_R.jpg
(砂に沈んだ?発電所燃料運搬船とクレーン)


_MG_1951_R.jpg
(美しい釣桟橋の松川浦大橋は、神奈川県警<派遣>のパトカーによって侵入封鎖)


_MG_1954_R.jpg
(実力組織総動員=沖合には巡視船、並べられた自衛隊の重機、侵入規制する警察官)




(了)
スポンサーサイト

◆「3・11震災」4月5日の仙台近郊北部沿岸

諸般の事情で自由に動けず、ガソリンも入手が難しい状態でしたが、それらの事情が解消されつつあるので、「遅ればせながら」3.11から25日経過した仙台近郊を撮影して廻りました。

4月5日は北側沿岸の仙台港-七ヶ浜-塩竈-松島-野蒜までを、4月6日は南側沿岸の仙台空港(岩沼)-亘理-山元-相馬までを取材してきました。

被災地に入るにはそれなりの規制もありそうだし、窃盗などの火事場泥棒を警戒する動きもありそうなので、プレスカード(実は期限切れ)も用意しました。経験上、首からそれらしきモノをぶら下げてそれらしき雰囲気を漂わせていれば(自信アリ)、そうそう細かくチェックはされないものです。

引退を決め込んでいた老体?の自主的な職業意識による些細(ささい)な現状報告です。


◆仙台港

_MG_1851a_R.jpg
(一体、何台の車が絡みあっているの…仙台港産業道路の街路樹帯に堰き止められた被災車両)


_MG_1852a_R.jpg
(一枚目の現場を引いて撮ったもの…道路を隔てて僅か数十m先のショッピングモールのメリーゴーランドは無事だが、何か虚しい)


_MG_1868_R.jpg
(いつもは家族連れや釣り人の憩いの場だった公園のデッキウォークも津波によってほとんどが流され崩壊した)


_MG_1859_R.jpg
(最近操業を始めたばかりのトヨタ系列会社によって生産組み立てられ、車両運搬船に船積される直前に、津波によってボコボコにされ鉄屑化された新車の群れ)


_MG_1873a_R.jpg
(ヤードのクレーンを押しのけて陸揚?げされた貨物船)



◆七ヶ浜漁港


_MG_1930a_R.jpg
(滑稽なほど絶妙なバランスで鎮座する屋根上の漁船)


_MG_1936_R.jpg
(一見建残って見えるがボロボロになった港の住宅。地区は全滅)


_MG_1943a_R.jpg
(翩翻と翻る日の丸は漁師の復興への意地か…)



◆野蒜地区


_MG_1876a_R.jpg
(東松島・成瀬川河口付近にある野蒜は海水浴場として親しまれているが、明治政府は東北振興の拠点港として大規模な野蒜築港を試みたが台風によって突堤が破壊され、事業放棄した歴史がある。それを伝える、遠くに見える護岸上に建つ「野蒜築港資料室」も破壊された)


_MG_1886a_R_20110409094110.jpg
(この地区では現在も自衛隊や関係者によって行方不明者捜索が行われている)


_MG_1896_R.jpg
(海水が道路を破壊して田畑に流れ込んだ形跡が分かる…塩害の被害)


_MG_1902_R.jpg
(海岸にビニールシートでテントを造り、それでも海を眺める老若二人)




塩竈の石油基地はあまり被害を感じさせないほど復興し、タンクローリー車も多数動いていました。倉庫街は建物は破損し物資もほとんど波を被った状態で復興はまだ先の感じを受けました。
観光桟橋付近は観光船が打ち揚げられ、市内道路脇には打ち揚げられた船が撤去されずにそのままの状態です。

松島は五大堂が健在で、国宝・瑞巌寺も健在です。
多数の島々が消波堤の役目を果たしたのでしょうか…
商店も店舗の復旧に忙しく、早く観光地としての復活に賭けている様子が見えました。

奥松島へは途中の道が断絶しており、今回は諦めました。
(以上はビデオに収めてあります)


_MG_1881a_R.jpg
(photo by K・0)

つづく
プロフィール

koodoo

Author:koodoo
足跡つけていってネ…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。