スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆Newyork 1982 by Kodachrome

『◆Newyork1982 by Monochrome』 http://koodoo.blog114.fc2.com/blog-entry-10.html の続編です。

 

コダクローム64フィルムを、NikonF2カメラに大体ASA80に設定して撮影しています。

プリントはフォコマートIc引伸機を使用して、チバクロームA2・ダイレクト・プリントの感材・処理薬品一式を当時の輸入代理店の中外薬品から直接購入して自家処理しました。

今回は約26年前に自分で処理した六つ切りダイレクト・プリントを、フラットヘッドスキャナーでスキャンしたものです。

さすがに青味が多少抜けているように感じましたので、補正してあります。

 

当時はまだフジのVelviaは発売される前で、コダックのEPR系が主流でした。

私自身はエクタクローム系よりもコダクローム系の発色が好みで、現像を急ぐ必要が無い場合は好んで使用していました。

いま改めて写真を眺めて見ると、フィルムの持つ粒状性と独特の発色に懐かしい想いと共に、ある種デジタルとは異なる空気感やメロウな風情が好ましく感じます。

(ポジフィルムからスキャンできればもう少し綺麗に仕上がったと思います)

 

 

 

NYC- 1c

 

フェリーから見た、在りし日のThe world trading center building

 

WTCのツインタワービルですが…ビルの案内人は、「このビルの柱となる鋼材は、米国の鉄鉱メーカーでは所要の仕様の鋼材が提供できず、日本から輸入したが、これは米国のトップシークレットだ。」とウソかホントか分からない説明をしていました(案外、本当だったのかもしれませんが…)。

まさか19年後の2001年の9月11日に、このビルが崩れ落ちてしまうとは…たとえ大型旅客機が衝突したとしても、あのようにきれいに崩れ落ちるのは信じ難い事ですし、接触していない周囲のビルも同時に崩れ落ちている事も不思議な事です…

 

 

 

 

NYC- 8c

  

午後の光の中のStatue of Libertyと観光客

 

911テロ以降、改修工事などの為に一般観光客の内部立ち入りが中止されていた「自由の女神」ですが、最近になって工事完了し、女神像台座までへの立ち入り見学が再開されたようです。

以前は急な鉄製の狭い螺旋階段を登って、丁度女神像の王冠部分に開けられた窓からビルのスカイラインやニューヨーク湾を眺めて下りた記憶があります。現在はここまでの立ち入りは禁止の状態のようです。

(女神像の横にポツンと写っているのはヘリコプターです)

 

 

 

NYC- 2c

  

5thアベニュー30ストリートから見た、Empire State building> 

 

クライスラービルと共に、アールデコの雰囲気の内装飾持つ美しいビルで、エレベーターを一度乗り換えて展望台まで昇れます。展望台からはダウンタウンのビル群やハドソン・リバー、イースト・リバーが眺められ、かっては尖塔部分に飛行船を係留できるようになっていたそうで、当時のロマンが漂っています。

WTCビルの崩壊によって再び「ニューヨークで最も高いビル」となっていますが、911テロ時にはハイジャック機がエンパイアにも向っているとのデマが流されました。歴史的価値の高い、こちらのビルが破壊されなくて良かったと思います。

そういえば…キングコングが登ったのもこのビルですね。

 

 

 

名称未設定 9c  

 

マンハッタンで一番美しいと云われるアールデコの香り漂うChrysler building

 

夕刻時の西日を浴びて燦然と輝く姿は美しい…頂部や壁面、内装にアール・デコの装飾がほどこされており、頂部は車のラジエターグリルを使っているとか。所有はとっくに自動車メーカーの手を離れており、現在はアラブ首長国連邦のファンドに所有権の75%を買収されたそうです。

通りを走るアメ車のデザインがいかにも時代を感じさせます。

 

 

 

NYC-3c.jpg

  

The PLAZA Hotel 玄関前のナショナルフラッグとリムジン

 

終末の金曜日ともなると、近郊や他州からアッパーミドルクラスのアメリカ人たちが家族連れで泊まりに来て、ブロードウェーのミュージカルやカーネギーホールでのコンサートを楽しんでいました。

日中は、ジーパンやTシャツ姿だった高校生などが、夕食時になるとドレスやタキシード姿になっていて、エレベーターなどで出会うと見違えてしまいます。彼らはドレスアップしてホテルのメインダイニングルームなどでディナーを楽しみ、その後は観劇やコンサートを楽しんで日曜日にはホームタウンに戻っていきます。 

 

 

 

NYC- 5c

  

Rockfeller Center前に在った、ニコンのショールーム・ウィンドウ

 

ニューヨークを「Big Apple」と称していた時代です。

 

 

 

NYC- 6c

  

31 W 57th St にある有名なRizzoli書店のショーウィンドウ

 

1984年のアメリカ映画「恋に落ちて」では、ロバート・デニーロとメリル・ストリープの2人が出会い頭にぶつかり、持っていた本を取り間違えて恋に落ちる…という映画の巻頭部分でこの書店の店内が使われています。

元はイタリアの出版社だったようですが、現在は書店となり、建築や美術関係の書籍が充実しており写真集などを探すにはうってつけの書店です。

 

 

 

NYC-7c.jpg

  

ビルの谷間にある逆光の中のThe Stars and Stripes

 

とにかくあらゆる場所に星条旗が掲げられています。(祝日でも日章旗を揚げない日本とはずい分違います)

知り合いの女性のコピーライターが、この写真に”アメリカもシワが増えた今日このごろ”とかいうコピーを付けて朝日広告賞のコピー部門賞を受賞した事があります。 かなり写真に依存した受賞だった…と(私は)思うのですが(笑)、栄誉と賞金は彼女のものとなり、私は受賞祝いでワインをご馳走になっただけでした。

 

 

 

NYC-17c.jpg

 

 <古いビルの前を走り去るモダーンなビジュアルを載せたバス

 

古いビルの窓を塞いで、そこに陶磁製の人形を飾っています。

その前を通り過ぎるモダーンなバスの広告ビジュアルとの対比が面白いと思いました。

 

 

 

NYC-11c.jpg

 

<(当時は)新しい街SOHOにある画廊のショーウィンドウに飾られた一枚の老人の絵

 

厚塗りの絵の具と、顔の左右非対称の表現が、老人の内面の複雑さを表しているのだろうか…

ハリー・ホイットニーはWhitney Museumの創設者の息子で、  ソロモン・ロバート・グッゲンハイムはGuggenheim Museumの創設者ですが…凄い名前のギャラリーですね。

 

 

 

NYC-10c.jpg

 

Cooper union近くの壁面に張られたポスター

 

 

  

NYC-14c.jpg

 

Broad way(E8th・st)に面した酒屋のショーウィンドウ

 

商品を重ねる展示が面白いなと思いました。

 

 

 

NYC-12c.jpg

 

NY郊外ショッピングセンターのVWバンの中の姉弟> 

 

New Jerseyのショピングセンターの駐車場のVWバンの中で待つ、少しブスくれたお姉ちゃんと、頭足を逆さまにした弟。

 

 

 

NYC-13c.jpg

 

Fisherman’s marketのカフェテラスで最後の夏の日を楽しむ人々> 

 

NY郊外Montaukは昔は捕鯨で栄えた町。今はミドルクラスの保養地としてニューヨーカーに親しまれている。

 

 

NYC-18c.jpg

 

夕暮れの路上をゆくモーターボートとジョガー

 

NY郊外のSouth Hamptonは池田満寿夫氏も住んでいる、アッパーミドルクラスの町。

 

 

NYC-4c.jpg

 

晩秋の乾いた空気の中で飲む、Jin&lime soda

 

お疲れさん…と飲む、Metropolitan Museum の近くにあるAmerican Stanhope Hotelのバーのカクテルは美味しかった。

 

 

 

 

◆パソコンから簡単にインクジェットプリンターで印刷するプリントはずい分良くなりましたが、それでも銀塩(シルバー)プリントの連続諧調とは似て非なるものです。

薄暗い暗室の中でJAZZなど聴きながら、時間が経つのも忘れてひたすら現像液の中から現われる画像を見つめて過すのも楽しいひと時です。

 

 

zentai-c.jpg

 <Leitz Focomat・IC Enlarger

 

チバクロームA2・ダイレクト・プリントの補正値は、ネガプリントに比べて少ない値でした。

 

◇35㎜版のモノクローム小型ネガは鮮鋭度や粒状性を考慮して、出来るだけフラットで薄いネガに仕上げる事が多いのですが、散光系の引伸機ですと眠い調子になってしまいます。その点、集光系のFOCOMATはロールフィルム小型のネガからメリハリのあるプリントを創ってくれます。

ネガのキズやゴミにも容赦ない引伸機ですが、プリントの隅々にまで銀粒子の美しいかたちをシャープに表す精度はFOCOMATだけのものです。これは他の引伸機には無い精度で、そうした引伸機は(ある意味扱い易い)散光系に逃げてしまったのかもしれません。

エマルジョンを肉乗りさせる事の出来る大型シートフィルムの場合は、逆に散光系のヘッドを持つ引伸機のほうが、いかにも大きなネガから焼いたと感じる、美しいプリントを仕上げる事が出来ると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 銀塩写真
ジャンル : 写真

◆Newyork1982 by Monochrome 

名称未設定8b  

27年前、僕が初めてNewyorkに降り立ったとき

そこには(頭の中の)見慣れた懐かしい風景があった

僕は米軍払い下げのだぼだぼの野戦ジャケットの下に

Nikonを左右の肩からぶら下げてマンハッタンの街を歩いた

脇の下を異様に膨らませたクルーカットの東洋人に

すれ違うニューヨーカーは眼差しを避け道を譲った

当時のNewyorkは危険だと言われていた

ハーレムやバワリーSTやサウス・ブロンクス(は絶対)は足を踏み入れるなと…

それで、そんな風体で歩く事にしたのだった

長い時間カメラを構えるな、立ち止まるな…

あらかじめ画角や露光と距離を概ね決めておいて…

ファインダーでフレ-ミングし、露出とピントを微調整したら

ワンカットかツーカットを素早く撮って移動した

撮られた相手がもし気付いても、その時にこちらはもう歩き出している

レンズは35ミリに28ミリ広角2本と105ミリに180ミリの長玉2本、フィルムはTRI-XとPLUS-X

 

 

名称未設定4b

 写真はそもそも現実のコピーであり

そのコピーをコピーしうるメディアである事に特質がある

写真家の個性は、コピーのためにどの現実を選択し

いかにそれと関ったかの表像に

かろうじて積極的な存在理由を持つにすぎない

 

 

名称未設定6b 

アメリカは貿易で破れ、製造業が衰退した

失業者は戦後最大規模といわれ

FBIはおとり捜査で日立と三菱の社員を

IBMへの産業スパイとして逮捕し

手錠を掛けたビジネスマンをTVカメラの前で引きづり廻した

アメリカがイライラしていた

日本はバブル(景気)に踊り始めた

 

 

名称未設定 1b

 目撃のための写真家による、一見リアルで忠実な記録は

背を向けた自由の女神とおびただしい東洋人の観光客を写している

実像を通じても、ある種の視覚的イメージはつくられる

いわゆる”コンテンポラリー”(フォト)とは

本来、”共同”とか”一緒”といった意味を持つ(写真)のである

 

 

名称未設定 2b 

大量の対極にあるものは、少量であり、その極限は1だ

当時のNewyorkにおけるオリジナル・プリントへの回帰現象は

大量主義へのアンチテーゼとして始まった

たった一枚(写真)からの、たった一ヶ所でのコミュニケーションなのだ

コミュニケーションというものを、自分自身の手の中に取戻すこと

自分自身の内面世界に、自分自身に会いに旅立ったことがある人間なら

自分の表現行為が、先ず第一に自分自身に対してなされるのだ

・・・という事を知っているはずだ

 

 

名称未設定5b

例えば映画でしか見たことのないような日本人が描くアメリカ人へのイメージ

ブルース・ウェーバーはモノクローム写真で80-90年代の気分を表現した

彼の描くアメリカ人の理想像が、カルバンクラインのアンダーウェア・ラインのコンセプトと一致した

この時代のファッションと写真の幸せな結婚がここにある

ラルフ・ローレン、ディオール・オム、コム・デ・ギャルソン、アバクロンビー&フィッチ、ボルボ

…なども、ブルース・ウェーバーの写真を求めた

Newyorkにはチャンスが転がっていた… 

 

 

名称未設定7b

70年台半ばにウォール街に彗星のごとく登場したマイケル・ミルケンという一人の天才

ジャンク債を大量に集めてパッケージ商品を企画した

クズでもたくさん集めてリスクを分散すれば利回りの魅力が勝ることを彼は発見した

黒板理論の金融工学がこれを後押して、実際に運用させる

欲の為に壮大な博打が膨れあがった

リスク分散のためにグローバリゼーション(経済)を世界に押し付けた

この時期に01年の9・11テロや

08年の金融破綻の芽が仕込まれた

 

 

名称未設定10b 

スタインベック文学のNewyork

ライザミネリの「Newyork Newyork」は77年のアメリカ映画

ビリー・ジョエルが歌う「ニューヨーク54番街」や「ニューヨーク物語」

若く野心があるならNewyorkはもしかしてチャンスのある街

老いても住み続けるにはコストとリスクを受容れる

それでも魅力に富んだ囚われの街

彼らはその後どうしているだろう

 

 

 

名称未設定9b

ニューヨーカーたちの帰宅の時間

彼らのほとんどは郊外の自宅からマンハッタンに通う

「島」に住むNYっ子はSONYやPanasonicをアメリカ製品だと思っている

だって、俺が生まれたときからブロードウェイに広告塔が建っていたんだゼ

 

 

 

名称未設定11b

ロックフェラーセンタービルの窓を開けてミッドタウンを見下ろす

ミスター・ロックフェラーも同じ景色を眺めたのだろう

7年後に日本企業が買収してアメリカ人の反感を買う

当時の日本の資金はアメリカ全土が買えるなどと嘯(うそぶ)いていた

マンハッタンに住むのは金持ちか貧乏人

市の財政は火のくるまで、警察官が増やせずに治安は悪化

クイーンズボロー橋の路面に開いた穴も補修できず

多くの橋が未補修で耐用年数越え

「いつ落ちても不思議では無いが、今すぐに落ちるとは思わない」

…とは市の道路管理責任者の苦しい言い訳か

 

 

昨年の9月にサブプライムローンを引き金に危機を迎えたアメリカ経済ですが、今回はこの時期81-82年よりも更に厳しいそうです。この時の僕はそんな事もあまり意識せずに、憧れだったNYを堪能しておりました。

 

 

IMG_5291b.jpg

現在手元に残してある35mmフィルム一眼レフ。

左から「Canon EOS-1nHS」 「NikonF2フォトミック」 「CONTAX RTSⅢ」 

Nikonはフィルム巻き上げ・フォーカス手動、露出も手動
CONTAXはフィルム自動巻上げでフォーカスは手動、露出は自動可
Canonはフィルム巻き上げ・フォーカス・露出もすべて自動


はからずも時代の違う一眼レフカメラの進歩?の経過が標本されている…と思う
ストラップが付いている、CanonとCONTAXは現役

写真でボディに付いている各レンズはすべて「50mm/f1.4」

 

◆ニコンF2フォトミック

IMG_5308b.jpg

 82年頃常用していたのはモーター付きのF3だったけれど

Newyorkにはフィルム巻き上げモーター無しのF2を持って行った(F2モーターは凄く重い)

F2はすべての感触が若干硬いけど、手巻きの感触はF2のほうがカッチリとして好きだった

それにファインダーがF3よりもクリアーに見える 

それにコイツは露光計以外は電気を一切使っていないし
少々ぶつけても「頑丈さではピカイチ」だ

FからF4まで使った経験から言えば、NikonはF2が一番!

 

 

今のデジタルデータが27年後にフィルムのように再現できるのか?

劣化・破壊・消失をクリアしても、ファイル互換性は保障されるのか?

次回はコダクローム(カラー)で撮った当時のNewyorkを考えています。 

 

テーマ : モノクロ
ジャンル : 写真

プロフィール

koodoo

Author:koodoo
足跡つけていってネ…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。